ホーム > 書籍詳細ページ

POD版 医療環境を変える

「制度を使った精神療法」の実践と思想

多賀 茂・三脇 康生 編

A5並製・446頁

ISBN: 9784814000296

発行年月: 2016/03

  • 本体: 5,700円(税別)
  • 在庫あり
 
  • mixiチェック

内容

病を癒すには、まず医療をめぐる環境を癒してからでなければならない——。「制度を使った精神医療」をめぐる日本とフランスを中心としたの医療実践を紹介し、それらのバックボーンたる現代思想を解説する。病院機能評価によってますます硬直しつつある現在の医療・社会システムに風穴をあけ、「ひと」が癒える場をとりもどすために集結した、医療実務者と思想研究者による熱気あふれる論陣。

プロフィール

■編者
多賀  茂(たが しげる)  京都大学大学院人間・環境学研究科准教授
三脇 康生(みわき やすお) 仁愛大学大学院(臨床心理コース)准教授
■執筆者(執筆順)
ジャン・ウリ(Jean Oury) ラ・ボルド病院院長
ティロ・ヘルト(Tilo Held) ベルリン・フリートナークリニック所長
和田  央(わだ ひさし) 京都府立洛南病院医長
菅原 道哉(すがわら みちや) 社会福祉法人恵友会理事長
波床 将材(はとこ まさき) 京都市こころの健康増進センター相談援助課担当課長
高江洲義英(たかえす よしひで) いずみ病院院長
平田 豊明(ひらた とよあき) 静岡県立こころの医療センター院長
ミシェル・オラシウス(Michel Horassius) 精神分析医
吉浜 文洋(よしはま ふみひろ) 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部看護学科教授
蓮見  孝(はすみ たかし) 筑波大学大学院教授・人間総合科学研究科芸術専攻
田村 尚子(たむら なおこ) 写真家
高崎 正治(たかさき まさはる)  高崎建築事務所
野沢 典子(のざわ のりこ) 八尾徳洲会総合病院副看護部長
杉万 俊夫(すぎまん としお) 京都大学大学院人間・環境学研究科教授
上山 和樹(うえやま かずき) ひきこもり問題研究家
合田 正人(ごうだ まさと) 明治大学文学部教授
江口 重幸(えぐち しげゆき) 精神科医。東京武蔵野病院
立木 康介(ついき こうすけ) 京都大学人文科学研究所准教授
松嶋  健(まつしま たけし) 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程

目次

はじめに

第一部 実践編

第1章 制度を使った精神療法の実践     ラ・ボルド病院とセクター制度
第1節 ラ・ボルド病院という場所〔多賀 茂、三脇康生〕
第2節 Documentラ・ボルド病院の経験〔ジャン・ウリ、ラ・ボルド病院スタッフ〕
第3節 制度分析とセクター制度は両立可能か
    セクター制度の歴史と現状から〔ティロ・ヘルト、和田 央〕

第2章 日本の精神医療現場での試み 
    四つの例、四つの声
第1節 市民団体による地域生活支援活動の試み
    横浜市中区・南区の精神保健福祉サービス活動の例〔菅原道哉〕
第2節 救急という制度を使う試み
    京都府南部地域の例〔和田 央、波床将材〕
第3節 病院内における制度を使った精神療法の試み
    沖縄いずみ病院の例〔高江洲義英〕
第4節 外から病院に働きかける試み
    精神医療審査会の例〔平田豊明、ミシェル・オラシウス、三脇康生〕

第3章 制度に取り組むために
    身近な制度分析の実践
第1節 医師という制度を分析する〔菅原道哉、三脇康生〕
第2節 Document看護師という制度を分析する〔ジャン・ウリ、吉浜文洋〕
第3節 医療環境という制度を分析する〔蓮見 孝、田村尚子、高崎正治〕

第4章 日本の精神医療と制度を使った精神療法はなぜ今まで出会えなかったのか〔三脇康生〕       
    実践篇のまとめとして

中間部 対話編 制度という論点をめぐって              
第1節 Document常識を外すことで看護システムを動かす〔野沢典子〕
第2節 Document制度を使うとはどういうことか〔上山和樹〕

第二部 思想編                        
第5章 制度を使った精神療法の思想
第1節 Document制度を使った精神療法とはなにか〔ジャン・ウリ〕
第2節 治療概念として
    ウリはなぜガタリの分裂分析を拒否するのか〔三脇康生〕
第3節 現代思想として
    制度とゲシュタルト--トスケイェス、ウリ、ガタリ〔合田正人〕
第4節 社会運動として
    新たな戦い--フーコーとガタリ〔多賀 茂〕

第6章 制度を使った精神療法とその周辺  
第1節 精神療法の歴史から
    その治療理念のクロノロジー〔江口重幸〕
第2節 ラカン派の視点から
    制度を使った精神療法とラカン派応用精神分析〔立木康介〕

第3節 イタリアの例から
    バザーリアと制度を使った精神療法--脱施設化から脱制度化へ〔松嶋 健〕



第7章 根を枯らさないために〔多賀 茂〕  
    思想編のまとめとして
                  おわりに
索  引
key word
このページの先頭へ