アルケー2018
関西哲学会年報No.26

関西哲学会 編

A5並製・94頁・税込 2,160円
ISBN: 9784814001682
発行年月: 2018/06
在庫なし
6月末頃発売予定

目次

共同討議/カントをめぐって
「物自体」とア・プリオリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千葉清史
──冨田恭彦氏のカント批判によせて
チャリティーの果てに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・冨田恭彦
──お答えと敷衍
-----------------------------------------------------------
ワークショップ報告
これまでの哲学教育、これからの哲学教育・・・・田中一孝・渡邉浩一
一元論の多様なる展開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・雪本泰司
-----------------------------------------------------------
九鬼周造『偶然性の問題』における行為論・・・・織田和明
信仰と哲学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・君嶋泰明
──ハイデガーのアウグスティヌス解釈について
『善の研究』の体系性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐野之人
──メルロ=ポンティと言語変化の問題
初期ドゥルーズにおける存在論と合目的性・・・・・得能想平
──『経験論と主体性』を中心に
-----------------------------------------------------------
関西哲学会研究奨励賞第五回受賞者の報告