西洋古典叢書G075
生成と消滅について

アリストテレス/池田 康男 訳

四六変上製・280頁・税込 3,348円 月報96
ISBN: 9784876981991
発行年月: 2012/11
在庫あり

内容

著者の自然学領域に属し,そこでの体系的順序において『自然学』,『天について』の次に来るとともに,後続する『気象論』や生物学領域のための基礎論ともなっている作品.月下の世界の自然的に生成消滅する事物についてが,質料因および始動因の観点から考察される.最近の研究成果にも目を配り,詳細で充実した註と解説を加えた新訳.

目次

本文の内容目次

第一巻
第二巻

補 註
解 説
索 引

プロフィール

池田康男(いけだ やすお)
高知大学名誉教授
1938年 長野県生まれ
1970年 京都大学大学院文学研究科博士課程退学
1971年 清泉女子大学文学部講師
1981年 高知大学教授を経て
2002年 退職

主な著訳書
『アリストテレスの第一哲学』(創文社)
アリストテレス『天について』(京都大学学術出版会)
アリストテレス『トピカ』(京都大学学術出版会)