プリミエ・コレクション 47
甲骨文字と商代の信仰
神権・王権と文化

陳 捷

A5上製・230頁・税込 3,888円
ISBN: 9784876982950
発行年月: 2014/03
在庫あり

内容

現存する最古の漢字である甲骨文字を題材に、古代中国の王にとって最重要の事業であった「卜占」という面から、当時の社会の宗教的状況を解明する。19世紀末以来出土した数十万点におよぶ甲骨文字を刻んだ亀甲と牛骨について、関連する研究書のほとんどを渉猟するなかでいくつかの新見解を提示し、古代社会の実相を総合的にとらえる。

目次

凡 例
緒 論
 第一節 研究の対象と目的
 第二節 研究の方法と構想

第一部 商代信仰世界における甲骨の諸相
 はじめに

第一章 『尚書』洪範に見える商代の卜筮
第二章 卜の特徴
 第一節 卜の時間
 第二節 卜の場所
 第三節 卜の方法
第三章 筮の記録
 第一節 商代の筮の確認
 第二節 『歸藏』の虚実
 第三節 巫咸と商代の筮
第四章 卜と筮の関係
 第一節 卜と筮の共通点
 第二節 卜と筮の相違点
 第三節 卜と筮の源流
 小結

第二部 甲骨文字に見える商王の権威——〓(くにがまえ+占)辞の変遷を中心に
   はじめに

第五章 「〓(くにがまえ+占)・〓(くにがまえの中に卜+おつにょう)」字の解読について
   第一節 これまでの諸説
   第二節 字義に関する考察
   第三節 字形の変遷とその由来の探究
   第四節 字音についての検討
   第五節 「〓(くにがまえ+占)・〓(くにがまえの中に卜+おつにょう)」字の解讀及びその意義

第六章 〓(くにがまえ+占)辞の性格とその変遷
   第一節 甲骨卜辞における〓(くにがまえ+占)辞の位置
   第二節 第一期〓(くにがまえ+占)辞の分類とその性格
   第三節 第二—四期〓(くにがまえ+占)辞の性格
   第四節 第五期〓(くにがまえ+占)辞の性格
   第五節 〓(くにがまえ+占)辞の歴史的展開

第七章 商王権威の変化
   第一節 占卜機関や商王在位年数の影響
   第二節 司祭長としての商王
   第三節 成湯をはじめとする商代前期諸王の実像
   第四節 盤庚以降の商代後期¥諸王の実像
   第五節 商王権威の歴史的変容
   小結

第三部 信仰と共に展開する商代の文化——験辞とその周辺
   はじめに

第八章 移り変わってゆく験辞
   第一節 験辞の内容、場所とその数
   第二節 験辞の時代的特徴
   第三節 験辞の変遷の原因

結 語

附録一 商代王室世系図
附録二 字形表に関する分類の詳細
附録三 甲骨著録略称表

あとがき
索 引
中文提要

プロフィール

陳 捷(ちん しょう)
京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了、京都大学博士(人間・環境学)
現在、京都大学人文科学研究所非常勤講師

主な論文
「仁治本古文『孝經』考——文字學の立場から再検討を加える」(『人間・環境学』第十一巻、二〇〇二年)
「甲骨文字に見える殷王の権威——〓(くにがまえ+占)辞の變遷を中心に——」(『漢字文化研究年報』第二輯、二〇〇七年)
「商代信仰世界における甲骨の意義」(『漢字文化研究年報』第三輯、二〇〇八年)など