Home > Book Detail Page

指導医のための医学教育学

実践と科学の往復

錦織 宏・三好 沙耶佳 編

A5並製, 390 pages

ISBN: 9784814002900

pub. date: 08/20

  • Price : JPY 3,600 (with tax: JPY 3,960)
  • In Stock
 
  • mixiチェック

内容

全国30万人の医師はキャリアのなかで一度は医師を「育てる」側に立つ。しかし医師としての教育指導の方法について学ぶことはほとんどない。「学習は状況(文脈)と切り離せない」という信念のもと、単なる教育理論の紹介ではなく、現場の課題をあつかう32のcaseと多様な実践知を丁寧に解説。勘やセンスに頼らない教育のあり方を伝える。

プロフィール

編者略歴
錦織宏(にしごり ひろし)
京都大学「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム─基礎編(愛称:ふくみん)」プログラム責任者。名古屋大学大学院医学系研究科総合医学教育センター教授・京都大学大学院医学研究科医学教育・国際化推進センター特命教授。博士(医学)・医学教育学修士。専門は医学教育学・内科学・総合診療医学。
主な論文:
Nishigori H, Harrison R, Busari J, Dornan T. Bushido and medical professionalism in Japan. Academic Medicine. 89(4): 560-563. 2014.
Nishigori H, Suzuki T, Matsui T, Busari J, Dornan T. A two-edged sword: Narrative inquiry into Japanese doctors’ intrinsic motivation. The Asia Pacific Scholar. 4(3): 24-32. 2019.

三好沙耶佳(みよし さやか)
京都大学「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム─基礎編(愛称:ふくみん)」前プログラム副責任者。鳥取大学医学部医学教育学分野助教。医師・医療者教育学修士。専門は医学教育学・救急医学。
主な論文:
Oikawa S, Berg B, Turban J, Vincent D, Mandai Y, Birkmire-Peters D. Self Debriefing vs Instructor Debriefing in a Pre-Internship Simulation Curriculum: Night on Call. Hawaii J Med Public Health, 75: 127-132. 2016.
及川沙耶佳・錦織宏.資料:医学教育学・医療者教育学専門職修士課程の国際基準─日本語版の開発.医学教育.48:328.2017.

執筆者一覧(五十音順 *は編者)
飯田淳子 川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科
伊藤泰信 ‌北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)知識科学系/ロンドン大学(UCL)人類学部
梶田将司 京都大学情報環境機構IT企画室
加藤浩晃 ‌京都府立医科大学眼科学教室/デジタルハリウッド大学大学院
木村武司 京都大学医学部附属病院総合臨床教育・研修センター/京都大学「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム─基礎編(愛称:ふくみん)」プログラム副責任者
小西靖彦 京都大学医学教育・国際化推進センター
柴田喜幸 産業医科大学産業医実務研修センター
柴原真知子 英国ケンブリッジ大学大学院教育学研究科
清水郁夫 信州大学医学部附属病院医療安全管理室
霜鳥真紀子 株式会社SPSO代表取締役
鈴木克明 熊本大学教授システム学研究センター
染谷真紀 京都大学医学部付属病院総合臨床教育・研修センター
孫大輔 鳥取大学医学部地域医療学講座/日野病院組合日野病院総合診療科
高尾義明 東京都立大学大学院経営学研究科
田中淳一 東北大学病院総合地域医療教育支援部
谷昇子 京都大学医学教育・国際化推進センター
種村文孝 京都大学医学教育・国際化推進センター/京都大学「現場で働く指導医のための医学教育学プログラム─基礎編(愛称:ふくみん)」プログラム副責任者
戸田有一 大阪教育大学教育学部
*錦織宏 上記参照
林幹雄 東京大学大学院医学系研究科医学教育国際研究センター
藤原広臨 京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座(精神医学)
松下佳代 京都大学高等教育研究開発推進センター
松山泰 自治医科大学医学教育センター
宮地純一郎 浅井東診療所/北海道家庭医療学センター/名古屋大学大学院医学系研究科総合医学教育学博士課程
宮地由佳 京都大学医学部附属病院緩和医療科
*三好沙耶佳 上記参照
茂木恒俊 久留米大学医療センター総合診療科
森下真理子 ‌京都大学医学教育・国際化推進センター/京都保健会仁和診療所
森田智士 SPSO OSAKA 代表
綿貫聡 東京都立多摩総合医療センター 救急・総合診療センター

目次

はじめに

1 General(GE) 医学教育学総論
 医学教育学とは? ~医学教育を科学するという視点~
Chapter 01 教育実践を他人に見える形にすること
Chapter 02 医学教育と医学教育学

2 Teaching and Learning(TL) 教育と学習
 どのように教えるのか? ~教え方や学び方に関する理論・モデル・考え方~
Chapter 03 成人教育理論入門
Chapter 04 ‌小グループ学習におけるファシリテーションと空気を読むこと
Chapter 05 ‌ベッドサイドティーチングと実践共同体
Chapter 06 ‌シミュレーション教育ことはじめ―デザイン
Chapter 07 ‌シミュレーション教育ことはじめ―デブリーフィング
Chapter 08 ‌メンタリングと困った学生・研修医への対応
Chapter 09 ‌シネメデュケーション─映像の持つ力とその教育への応用
Chapter 10 ‌Problem-based learning
        ─美しい理論がなぜ実践で破綻したのか?

3 Assessment(A) 学習者評価
 どのように評価するのか?  
 ~試験も含めた学習者評価の方法に関する理論・モデル・考え方~
Chapter 11 キャラに合わせたフィードバックと承認欲求
Chapter 12 ちゃんとした試験をすれば授業は要らない?
Chapter 13 ‌診療現場での間主観的な観察評価“できる”かどうかを知る
        ─ポートフォリオを題材に
Chapter 14 ルーブリックによる評価

4 Curriculum Development(CD) カリキュラム開発
 どのようにカリキュラムを作るのか? 
 ~カリキュラム開発に関する理論・モデル・考え方~
Chapter 15 カリキュラムを作る・壊す─自由な学びの場を構築する
Chapter 16 カリキュラム評価と有名臨床研修病院の意味
Chapter 17 インストラクショナル・デザインと構造化の功罪
Chapter 18 Entrustable Professional Activity
        ─“信頼して任せられる”とは何か?

5 Leadership and Management(LM) リーダーシップ・マネジメント
 どのようにリーダーシップをとっていくか? 
 ~組織をまとめる際に知っておくべきこと~
Chapter 19 変革プロセスとマネジメント・リーダーシップ
Chapter 20 経験学習とリーダーシップ開発

6 Information Technology(IT) 情報工学
 IT を使った教育をどのように展開するのか? 
 ~オンライン教育の活用例やその歴史~
Chapter 21 ITを使った学びのさまざま
Chapter 22 Learning Management Systemのいろは
Chapter 23 新型コロナウイルス感染症による医学教育の変化

7 Philosophy(PH) 教育哲学
 医師はなぜ教育に関わるのか? ~なぜを問い続けること~
Chapter 24 医学教育における省察と構成主義
        ─唯一解のない世界へようこそ
Chapter 25 武士道プロフェッショナリズムとジェダイの哲学
Chapter 26 現象学の医学教育学における可能性

8 Cultural Anthropology(CA) 文化人類学
 なぜ自分の施設ではうまくいく/いかないのか? 
 ~文化的社会的文脈を考えること~
Chapter 27 医学教育の文化的社会的文脈
Chapter 28 幼児教育から学ぶ
Chapter 29 パーソナルスタイリストから学ぶ

9 General(GE) 医学教育学総論
 ふたたび医学教育学とは? 
 ~医学教育に関連する組織や、指導医養成について~
Chapter 30 日本の医学教育関連組織─どこで誰が何を決めているのか?
Chapter 31 Faculty Development─どうせやるなら“楽しく”教えよう

10 Research(RE) 医学教育研究
 医学教育学分野における研究とは? ~巨人の肩の上に立って知見を積む~
Chapter 32 医学教育を科学する
        ─社会医学としての医学教育学とその研究

ふくみん受講生たちが考えたこと

おわりに

索引
執筆者一覧
このページの先頭へ