西洋古典叢書G037
モラリア11

プルタルコス 三浦 要 訳

四六変上製・266頁・税込 3,024円 月報50
ISBN: 9784876981526
発行年月: 2004/05
在庫あり

内容

著者プルタルコスは、平易な文体で知られ、長く読み継がれてきた。本書は、ソクラテス以前の哲学者、ストア派など、著作の失われた著作家の学説を復元するにあたって、根本資料として重要である。自然研究を主題別に摘要した『哲学者たちの自然学説誌』、自然現象にまつわる難問に答えた『自然学的諸問題』を収録する。本邦初訳。(全14冊)

目次

哲学者たちの自然学説誌
第一巻
第二巻
第三巻
第四巻
第五巻
自然学的諸問題

解 説
人名索引
DKおよびSVFと本書との対照表

プロフィール

三浦 要(みうら かなめ)

金沢大学助教授
1958年 山口市生まれ
1990年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学
2001年 十文字学園女子短期大学助教授、十文字学園女子大が駆除教授を経て現職
【主な著訳書】
『西洋哲学史の再構築に向けて』(共著、昭和堂)
ジャン=リュック・ナンシー『エゴ・スム—主体と変装』(共訳、朝日出版)
『ソクラテス以前哲学者断片集』第Ⅰ、Ⅱ、Ⅳ分冊(共訳、岩波書店)