新刊この1冊
西洋古典叢書 L026
アッティカの夜1

アウルス・ゲッリウス/大西英文 訳

税込 4,320円

好事家垂涎の奇書がついに登場する。ゲッリウスは帝政期ローマの著述家で、ギリシアのアテナイに遊学して哲学を修めた。本書は彼が同地に滞在中、冬の長夜の無聊を慰めるため、広範な文献を渉猟して蒐集した逸話や随筆から成っており、後に散逸した作品からの引用も豊富である。第1分冊には第9巻までを収録する。本邦初訳。(全2冊)

もっと詳しく


Topics
2016/02/08 【書評】
鈴木哲也・高瀬桃子著『学術書を書く』が、2月13日付『図書新聞』で紹介されました。
2016/02/02 【記事】
朴美暻著『韓国の「鬼」:ドッケビの視覚表象』が、「読売新聞」2月1日付夕刊で紹介されました。
2016/02/01 【紹介】
小暮智一著『現代天文学史:天体物理学の源流と開拓者たち』が、「朝日新聞」1月31日付朝刊 読書面で紹介されました。
2016/01/25 【書評】
片田孫朝日著『男子の権力文』(変容する親密圏/公共圏)が、『教育学研究』第82巻第4号で紹介されました。
2016/01/20 【書評】
ジョン・G・ゲイジャー編、志内一興訳『古代世界の呪詛板と呪縛呪文』が、1月17日付『毎日新聞』朝刊「今週の本棚」で紹介されました。
2016/01/18 【書評】
木村至聖著『産業遺産の記憶と表象:「軍艦島」をめぐるポリティクス』が、『社会学評論』Vol.66 No.3で紹介されました。
2016/01/14 【紹介記事】
日本農業新聞1月10日付読書面に、比嘉理麻著『沖縄の人とブタ:産業社会における人と動物の民族誌』の著者インタビュー記事が掲載されました。

既刊 Pic UP!
現代天文学史
天体物理学の源流と開拓者たち

小暮 智一

税込 5,292円

初めて星の化学組成を明らかにしたロンドンのアマチュア天文家ハギンス,太陽をガス体と見なした特許調査官レーン,自作の望遠鏡で天空を探査した音楽家ハーシェル……
18世紀末から19世紀中葉にかけて現代天文学の扉を開いた彼らは,いずれも学界に縁のないアマチュア天文家だった。星の位置と運動を対象とする古典天文学から天体の物理的構造を探る天体物理学へ,その転換期を担った人々の生涯と研究を軸に,現代天文学の歴史をたどる。

もっと詳しく



新刊 発売中

西洋古典叢書 L026
アッティカの夜1
アウルス・ゲッリウス/大西英文 訳
税込 4,320円

経済学の起源
フランス 欲望の経済思想
米田 昇平
税込 4,536円

近代社会思想コレクション 15
経済学の本質と意義
ライオネル・ロビンズ/小峯 敦・大槻忠史 訳
税込 2,592円

学術選書 073
異端思想の500年
グローバル思考への挑戦
大津 真作
税込 2,160円

発生の数理
三浦 岳
税込 3,888円

災害対応の地域研究5
新しい人間、新しい社会
復興の物語を再創造する
清水 展・木村周平 編著
税込 4,320円

西洋古典叢書 G093
秘史
プロコピオス/和田 廣 訳
税込 3,672円

古代世界の呪詛板と呪縛呪文
ジョン・G・ゲイジャー 編/志内一興 訳
税込 5,832円

現代天文学史
天体物理学の源流と開拓者たち
小暮 智一
税込 5,292円

韓国の「鬼」
ドッケビの視覚表象
朴 美暻
税込 3,240円

近刊

2016/03
西洋古典叢書
ギリシア詞華集 2
沓掛 良彦 訳
税込 5,076円

2016/02
Kyoto CSEAS Series on Asian Studies 15
Catastrophe and Regeneration in Indonesia’s Peatlands
Kosuke Mizuno, Motoko S. Fujita & Shuichi Kawai eds
税込 5,832円

2016/02
近代中国の総商会制度
陳 來幸
税込 4,968円

2016/02
Kyoto CSEAS Series on Asian Studies 16
Marriage Migration in Asia
Sari K. Ishii ed
税込 3,348円

2016/02
A History of Modern Chemistry
Noboru Hirota
税込 7,776円

2016/02
津波被災と再定住
前田 昌弘
税込 4,644円

2016/02
学術選書 074
マカベア戦記 下
秦 剛平
税込 2,160円

2016/02
伝統主義と文明社会
小島 秀信
税込 5,616円

2016/02
近代社会思想コレクション16
道徳と自然宗教の原理
ケイムズ/田中秀夫・増田みどり 訳
税込 3,888円