ホーム > 書籍詳細ページ

西洋古典叢書 G054

饗宴/パイドン

プラトン 朴 一功 訳

四六変上製・486頁

ISBN: 9784876981724

発行年月: 2007/12

  • 本体: 4,300円(税別) 月報69
  • 在庫あり
 
  • mixiチェック

内容

「神のごときプラトン」と謳われた哲人が、師ソクラテスに思いを馳せつつ綴る珠玉の名品集。『饗宴』では、喜劇作家アリストパネス等の面々が「エロース(恋)」讃美を繰り広げる。『パイドン』は、ソクラテスの死刑に立ち会った友人たち相手に、「死」をテーマにかわした対話篇。最後にソクラテスは毒杯を仰ぎ、従容として死に就く。

プロフィール

朴 一功(ぱく いるごん)
大谷大学教授
 1953年 京都府生まれ
 1985年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
 2000年 京都大学博士(文学)
 2005年 甲南女子大学助教授を経て現職
主な著訳書
『実践哲学の現在』(共著、世界思想社)
『西洋哲学史(古代・中世編)』(共著、ミネルヴァ書房)
『イリソスのほとり——藤澤令夫先生献呈論文集』(共著、世界思想社)
『ソクラテス以前哲学者断片集』第Ⅴ分冊(共訳、岩波書店)
アリストテレス『ニコマコス倫理学』(京都大学学術出版会)

目次

饗  宴
パイドン

 補註
 解説
 地図/索引

月報69
このページの先頭へ