西洋古典叢書G065
ソクラテス言行録1

クセノポン/内山勝利 訳

四六変上製・312頁・税込 3,456円 月報84
ISBN: 9784876981878
発行年月: 2011/03
在庫あり

内容

プラトンと並ぶソクラテスの愛弟子、多才の人クセノポンが、在りし日の師に思いを馳せつつ、その汚名を雪ぐことに努めた本書「ソクラテスの思い出」では、多くの知人らと自在な対話を交わすソクラテスの姿が活写され、歴史的ソクラテスを探るうえでも第一級の資料となる。最適な訳者を得た待望の新訳。ソクラテス言行録第一弾(全2冊)

目次

内容目次
ソクラテス言行録
 第一巻
 第二巻
 第三巻
 第四巻

解説
固有名詞索引

プロフィール

内山勝利(うちやま かつとし)

京都大学名誉教授
1942年 兵庫県生まれ
1975年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
関西大学教授、京都大学教授を経て2005年退職

主な著訳書
『ソクラテス以前哲学者断片集』(編訳、岩波書店)
『神と実在へのまなざし』新・哲学講義(編著、岩波書店)
『哲学の初源へ——ギリシア思想論集』(世界思想社)
『対話という思想——プラトン方法叙説』双書・現代の哲学(岩波書店)
『ここにも神々はいます』哲学塾(岩波書店)