西洋古典叢書 G084
エウテュデモス/クレイトポン

プラトン/朴 一功 訳

四六変上製・235頁・税込 3,024円 月報108
ISBN: 9784876984855
発行年月: 2014/06
在庫あり

内容

徳の伝授を標榜する兄弟ソフィストと哲学者ソクラテスとの対決を描く,著者の初期から中期への移行期に当たる対話篇『エウテュデモス』に加え,ルネサンス期以来,擬作や未完とも見なされてきた小篇『クレイトポン』を収録.「哲学のすすめ(プロトレプティコス・ロゴス)」を共通テーマに持つ両作品を,正確で読みやすい新訳にて提供.

目次

本文の内容目次
エウテュデモス
クレイトポン

解 説
索 引

プロフィール

朴 一功(ぱく いるごん)

大谷大学教授
1953年 京都府生まれ
1985年 京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
2000年 京都大学博士(文学)
2005年 甲南女子大学教授を経て現職

主な著訳書
『実践哲学の現在』(共著、世界思想社)
『西洋哲学史(古代・中世編)』(共著、ミネルヴァ書房)
『イリソスのほとり——藤澤令夫先生献呈論文集』(共著、世界思想社)
『ソクラテス以前哲学者断片集』第Ⅴ分冊(共訳、岩波書店)
アリストテレス『ニコマコス倫理学』(京都大学学術出版会)
プラトン『饗宴/パイドン』(京都大学学術出版会)
『魂の正義——プラトン倫理学の視座』(京都大学学術出版会)